犬の成長とドックフード

愛犬がドッグフードを食べない理由

愛犬がドッグフードを食べてくれないため悩んでいるという飼い主の方、その理由についてご紹介しましょう。

愛犬がドッグフードを食べてくれない場合、2つの理由が考えられます。まず1つは、病気に掛かっていて、食欲がない場合です。2つめは、ドッグフードがおいしくないため食べない場合です。1つめの病気が理由であれば、体調が回復すれば食べてくれるようになるため、獣医に診てもらって解決しましょう。問題は、2つめの場合です。このような場合は、与えているドッグフードの成分を見る必要があります。

あなたが愛犬に与えているドッグフードの成分表示に、アフラトキシンB1やクロルピリホスメチルという成分が書かれていないでしょうか。アフラトキシンB1は、人間に対して使用禁止となっている成分で、ダイオキシンの10倍もの毒性を持っています。また、クロルピリホスメチルは、害虫対策として使われる農薬で、愛犬の健康に害を及ぼします。

また、農薬検査がされているかもチェックしましょう。愛犬に与えているドッグフードは、農薬検査結果を公開しているでしょうか?公開をしていないドッグフードは、農薬が使われている可能性があり、犬の健康によくありません。

さらに、添加物が使われていないドッグフードを選ぶことも大切です。合成添加物が不使用で、動物性たんぱく質がしっかりと含まれたドッグフードを選んであげてください。さらに、穀物フリーのものであれば、愛犬の消化器官に配慮されているためおすすめです。

page top