犬の成長とドックフード

ドッグフードによって犬の毛並みが変わる?

愛犬の毛並みや毛艶の悪さが気になることはありませんか?毛がパサパサになっていたりブラッシングの時に絡まりやすくなったり、特に長毛種の場合は毛並みが気になりますね。

毛並みが気になるときにはドッグフードを見直してみてはいかがでしょうか。食べるものから身体は作られます。愛犬に何を与えるかによっても毛並みは変わってくるのです。今与えているドッグフードの原材料をチェックしてみてください。

主原料がコーン、小麦、○○粉等植物性原料の場合は注意が必要です。犬は元々肉食性の生き物なので、動物性の良質なたんぱく質が必要なのですが植物性原料の食事を与え続けてしまうとうまく消化ができなくて消化不良を起こしたりアレルギーを起こしたりする場合もあります。たんぱく質は筋肉や骨格、血液や皮膚、毛といった体のあらゆる部分を形成する大切な栄養素ですから、どんなたんぱく質を与えるかは即愛犬の健康に直接影響を与えるものなのです。

毛並みに影響が出ていると感じたら、それは与える食事が愛犬にとってあまり好ましくないものであるという判断をすべきです。犬にとって好ましい食事というのは、動物性たんぱく質を原料としていること、原材料の品質が安心できるものであること、添加物を極力排除しているもの、などです。良質の原料で作られた、高たんぱくでかつ低炭水化物のドッグフードを選ぶようにしましょう。これらの基準をもって厳選した、良質のドッグフードを与えているとすぐに毛艶の変化に気がつけるはずです。

page top